PD日記 《イソップとタバコとジェネリック》

部屋とYシャツとたわし 風味。
 たわし にすると、いきなり『衿汚れに効く!』洗剤の広告っぽくなる。


①イソップ寓話

そういやイソップ寓話、読んだことないなといきなり気付いた。
それで、岩波文庫で買って読んでいる最中。800円もする。でも、読み応えはある。

なぜ教訓に至るのかが良く分からない寓話もあるのだが(これは読む側の国民性と教養が問題だろうか)、中々、いい。

1つ引用。思わず、音読した寓話。
ちょっと文章は変えてあります。著作権のこととかメンドクサイから。

★石を曳きあげた漁師

 漁師たちが網を引いていました。
 網はずっしり重かったので、獲物がたくさんあると思った漁師たちは小おどりして喜んでいました。

 浜辺に網を引き寄せてみると、魚の姿はほとんど見えず、あみは石などのごみでいっぱいでした。

 漁師たちは、がっかりし腹を立て、それはそれはつらい思いでした。
 すると、1人の年寄りがいいました。

  「なあ皆、落胆するのも腹を立てるのも、もうやめよう。
  悲しみというのは喜びと姉妹(あね いもうと)であるようじゃ。
  わしらは始めに、あんなに喜んでしまったのだから、苦く哀しい目に遭うのも当然じゃよ」

 我々も、好天が続いた後は必ずや嵐になる理を弁えて、人生の移ろいやすさを見、いつまでも続く事態に有頂天になっていてはいけないのだ。



説教くせぇと言われればそれまでだが、頭に必要な分泌物の蛇口が壊れている私には、結構効く。
PDも、結局は自己欺瞞を続けた私への、『厳重注意』だったのかも。


---

②タバコ

どうしよう。。
JTから、マイルドセブンの試供品が届いちゃった。
まだタスポ持ってるからねぇ・・・返上すればいいんだろうか。

会社勤めをしてた時分には、アデリーペンギン似の人事課長がマイルドセブンを吸っていたので、サンプルが届いた時は「課長、良かったらどうぞ」と言えたのだが…。

何故か私の周辺の喫煙者に、マイセン好みが居ない。
ほぼ、全員、マルボロ・メンソール・ライト。

マルボロメンソールといえば、Yosちゃんの、滑らない言いまつがい。

コンビニで、元気良く、

 『メルボロ・マンソール、1つ!!』

…と、言い放った事があるそうだ。

くさくて不味そう、…メルボロ・マンソール。


それはそうと、…どうする。この、サンプルのマイセン。

近所の普請場にいる大工さんでマイセン吸う人がいないだろうか…。
それとも開封して、1本ほぐして、キセルで吸ってみるか?

さあ、どうする私!
  とりあえず、面倒な問題は先送り。

---

③ジェネリック

やった!!
マイスリー(入眠剤:しかも一番弱くて習慣性が無い)にジェネリックが出来た!!

 マイスリーの薬価:49.6円
 ジェネリックのゾルピデム酒石塩錠KNの薬価:26.9円

 22.7円もお得!!

良かった!経済的に、助かる。
3週間分で、これまでよりも200円くらい薬価が安い。
塵も積もればMountain。

この200円、貯金するか。

---

1つのことを1つの記事にするほどでもないけど、ちょっと書いておきたかったので、こういう仕儀になりました。